トラック買取
さえこさえこ

トラックを少しでも高く売りたいという方にご覧頂いていると思います。トラックの売却方法も様々ですが、少しでも高く売りたいのであれば複数社から一括相見積もりを取ってから選ばないと数十万円損することもあります。

中古トラック買取専門店であれば、一般的な買取専門店よりも高く買取ってもらえる可能性があります。まずは簡単な無料査定で現在の値段を把握してから売却をご検討ください。

トラック買取専門店の無料査定を試してみてください

トラックの無料査定はトラック一括査定王がおすすめ

中古トラックを販売するのであれば、専門の中古トラック買取業者が良いでしょう。

インターネット上には、中古トラック買取業者が集まった一括査定のサイトがあります。

今までは、簡単に諦めなければならなかったことも、インターネットで日本全国や世界各国と簡単に繋がっていることで、トラックなどを廃棄せずに済み、

買取に出して現金を貰って、しかもトラックが再利用されるのであれば、環境問題にも貢献出来るとなれば、素晴らしいことだと思います。

「トラック一括査定王」は査定も無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

トラック査定の流れとは?

トラックを保有している方の中には、その処分方法に迷っている方もいると思います。

軽トラック、中型、大型トラックなど、トラックの種類も様々ありますがトラックの買換えなどトラックを処分する時は、トラックの買取業者をおすすめします。トラックの買取業者であれば、高く買取ってもらえる可能性があります。

買取時の、トラック査定の流れを紹介します。

  1. 専門業者への査定の申し込み
  2. 買取業者からの連絡
  3. 現地査定
  4. 契約書類の作成

以下に詳細を記載します。

専門業者への査定の申し込み

トラック査定を行う場合、まず業者を選定して査定の申し込みを行います。買取業者に査定を申し込む方法は、直接お店に出向く以外は次の通りです。

「ホームページからの問い合わせ」、「電話での問い合わせ」、「FAXでの問い合わせ」、「メールでの問い合わせ」などです。

この中から、自分に合った方法を選択してください。なお買取専門によっては全ての方法が使えないところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

買取業者からの連絡

業者にトラック査定の依頼をすると、後に業者から査定額の連絡があります。買取業者はユーザーが提供した車両情報を元にして、業者側で算定した査定額を連絡してくれます。

業者側が提示した査定額に納得したら、次のステップに進んでください。また価格に不満がある方は、直接業者への交渉や他の業者を再選定します。

現地査定

業者側の査定額を了承した場合、次は現地査定です。ここで現物を見て、最終的な査定を行います。

現地査定の場合、買取業者の方がユーザーの会社や自宅まで来てくれます。そして、そこで実際の車両と問い合わせ時の情報を照らし合わせ、最終的な金額を提示します。

情報が違いすぎると、査定額が減額されることもありますので注意してください。

契約書類の作成

買取業者が提示した最終的な金額に納得すると、この時点で成約になり、契約書類を作成します。買取業者にトラック査定を依頼する場合、上記の流れに沿って行います。

トラックを高く売るためには、買取業者の選定に注意してください。まず最初は、無料査定から始めましょう。

トラック買取での注意点

トラックの買取査定においては、相場というものは注意してみる必要があります。

基本的には、個々のトラックの今までのメンテナンス方法や、トラック自体の状態によって価格が決められることが多いのです。

そのためあまり使用していなくても日頃から整備をしていないと、良い値段では売れないこともありますので、使用している車種の管理には気をつけましょう。

また購入したときに付いていた付属品などもあると、査定に反映されるものと思われます。

トラックの売却は相見積もりが鉄則

運送業ではもちろんですが、会社を経営される方にとってトラックは必要不可欠なものの一つです。

しかし、トラックはその用途によって荷台の形状やサイズも様々で、大型車や付属機器の状況によっては1000万円を超える金額が必要な場合もあります。

業務の状況によって買い替えを検討する際は、少しでも高く買取してもらえるとありがたいものですが、トラック買取専門店に依頼することが、やはり信頼度の点ではプラスと言えます。

トラブルに注意してください

トラックを買取に出す時、様々なトラブルが起こることがあります。その中の1つが、買取額を大幅に下げられるケースです。

業者によって査定の方法は異なりますが、その中には実際の査定現場において、現車を確認した後に査定額を大幅に下げる業者もあります。

最初の見積もりでは高査定であったのに、現車の確認時に大幅に査定額を減額してくるのです。そのためユーザーの中には、最初に聞いた査定額と違うので査定現場でキャンセルする人もいるようです。

これでは事前査定の意味がなくなります。その他にも、出張査定で料金を請求されることがあります。また出張費は無料といっておきながら、現場で出張費を請求する業者もいます。

このようなトラブルも多いので、業者を選定する時は十分注意する必要があるでしょう。

トラックの販売台数と買取の現状

トラックの輸送量が大幅に伸びていく事を反映して生産台数も増えたが1970年代になると必ずしも順調な伸びを示さなくなってきたのだ。

積載量が大きいトラックの稼働が増えて、トラックの寿命も延びたことで、販売台数が必ずしも輸送量の増大に比例しなくなった。販売台数に関してはドルショックで最初の停滞が起こった。

それはすぐに回復し、順調に伸びていくように見えたが、1973年ころに第一次オイルショックが起こり、販売台数は大幅に落ち込んだ。またトラックの国内販売が35%も減少した。4社で分け合っていたシェアは、3社分の需要しかなくなったことになる。

落ち込み分はある程度は輸出でカバーしたもののすぐに取り戻せるものではなかった。低成長時代を迎えてトラックに求められたのは燃費性能が良いこと、寿命が長いこと。

エンジン性能が良いこと、積載効率を高める事等だった。このうち低燃費にすることと、廃棄規制の実施とでは相反する技術がエンジンに求められ、難しい技術つい今日をしなくてはならなかった。

1987年ころには販売がようやく上向いた。特に大型トラックの伸びが著しく、前年のような大幅なドル安も吸収する勢いだった。

政府の財政支出の増加や公共事業の促進によってダンプカーなどを中心にした需要が目立った。

トラックの買取業者も様々です

中古トラック買取額を上げるためには、様々な点に注意する必要があります。トラックは新車で購入すると、500万円を超えることも珍しくありません。

そのため中古車であっても、高価格で買取ってもらえるチャンスがあります。中古トラックの場合、たとえば10年落ちの車両でも、乗用車とは比べものにならないほどの高値で買取されることもあります。

一般的な乗用車と比べて、トラックというのは少し特殊な車といえます。しかしそれとは裏腹に、中古トラックの相場が買取業者によってまちまちであるのも事実です。

そのため買取業者によって、買取額に差が出てくることもあります。このように買取の場合、業者によって損得が明確になるという特徴があるようです。

そのため中古トラックを高い価格で買取ってもらうためには、買取業者の選定に気を付ける必要があるでしょう。

おすすめは、実績が豊富な「トラック一括査定王」です。簡単な無料査定で値段を確認してみてください。

主なトラックメーカーとトラック車種

小型トラック(2t)

メーカー 車種
三菱ふそう キャンター
三菱ふそう キャンターガッツ
いすゞ エルフ
日野 デュトロ
日産 アトラス
日産UD コンドル
日産UD カゼット

中型トラック(4t)

メーカー 車種
三菱ふそう ファイター
三菱ふそう ファイターミニヨン
いすゞ フォワード
いすゞ フォワードジャストン
日野 レンジャー
日産UD コンドル

大型トラック(10t)

メーカー 車種
三菱ふそう グレート
三菱ふそう スーパーグレート
いすゞ ギガ
日野 プロフィア
日野 ドルフィン
日産UD ビッグサム
日産UD クオン

トラックのネットを使った査定

トラックを買取に出す場合、優良な業者を選択することが大切です。インターネット上にも多くの査定業者がありますので、まずは一度試してみると良いでしょう。

また利用する場合は、前述のトラブル事例にも注意してください。査定額の変更や出張費の請求など、後でトラブルがないようしっかりと確認しておく必要があります。

そして査定を依頼する側も注意する点があります。現在乗っているトラックについて、メンテナンスをしっかり行ってください。

汚れがあると査定額にも影響します。また小さい傷ですぐに補修できるものは、早めに対処しておくと良いでしょう。

少しでも査定額を上げるには、依頼者側の努力も必要です。今利用しているトラックを少しでも高い価格で買取ってもらいたい、そういう場合は無料査定をおすすめします。

インターネット上は無料で査定してくれるところがありますので、気になる方は一度アクセスしてみてください。高価格で査定してもらえるかもしれません。

トラック買取は業者を比較・選定すべき?

今まで乗っていたトラックを処分する場合、どのような方法が効率的なのでしょうか?処分する場合、現在乗っているトラックの状態、今後の利用頻度などを良く考慮して決める必要があります。

そして今後も利用するのであれば、トラック買取の専門業者に買取をお願いする方法もあるのです。買取業者の中には高い価格で買取ってくれるところもありますので、まずは一度相談してみると良いでしょう。

トラック買取店の比較

全国には多くの買取業者が存在していますので、まずは一度トラック買取店の比較をおすすめします。トラック買取比較をすることで、トラックの買取相場を把握できます。

また、一番高く買取ってもらえる業者も見つかります。インターネット上には様々な比較サイトがありますので、トラック買取比較サイトがあれば一度アクセスしてみると良いでしょう。

トラックの買取比較をすることで、自分に合った買取業者が見つかるかもしれません。

買取価格の地域差

トラックの場合は時期によって需要がない時もあり買取相場の地域格差もあります。

要するにトラックが売れる地域や売れない地域では、買取価格に大きな差が出ることがあるということです。

同じ状態のトラックであるにも関わらず、このように地域によって価格に差が出ると損をする人も出てきます。

そのためトラックを売る時は、買取業者をしっかりとチェックしておくことが大切です。

トラックを処分する場合、まずはトラック買取比較を行ってください。買取業者を比較することで最適な買取相場が分かり、お得に売ることができます。

何社かの査定を比較するためにも、ネットの無料査定を活用しましょう。

トラック買取ランキングで業者の利用ポイント

トラックの買取をお願いする場合、トラック買取の専門業者に依頼するのが一番です。トラック買取業者であればトラックだけを買取っていますので、他の業者よりも高く買取ってもらえる可能性があります。

しかし問題は、どうすれば高く買取ってもらえる業者を見つけるかです。近くに体験者がいれば直接聞いてみるのも良いかもしれませんが、特に情報がない時はトラック買取ランキングの利用をおすすめします。

トラック買取ランキングは人気があり、信頼できる買取業者をランキング順に掲載しています。上位に位置する業者ほど信頼がありますので、買取業者の選定に悩んでいる方は一度試してみると良いでしょう。

また上位ランキング以外にも優良業者はありますので、上位にとらわれないで一通り見ておくことをおすすめします。その中から、あなたに合う業者がきっと見つかるはずです。

トラックの買取についての情報

インターネット上の買取業者のランキングでは、買取に関する様々な情報を記載しているところもあります。トラック買取業者への依頼が初めての方は、色々と不安ごとも多いと思います。

そんな時、買取に関する情報があれば参考になります。またランキングサイトでは、すぐに査定ができるよう一括査定も用意されています。

査定は無料でできますので、気になる業者があれば一度利用してみると良いでしょう。トラックを買取業者に出す場合、トラック買取ランキングを利用してみるのも1つの方法です。

トラックの買取ランキングであれば、優良業者も多いので探しやすいと思います。買取業者の選定に悩んでいる方は、まずは一度利用してみてはいかがでしょうか。

トラック買取相場は市場に影響する?

トラックを処分する場合、トラックの買取業者に依頼する人も少なくないようです。トラック買取業者の数も多いので、初めて依頼する人は業者の選定に迷うかもしれません。

また買取業者によって買取価格が異なりますので、まずはトラック買取相場を把握することが大切です。

市場の動向

トラック買取相場は、トラックの買取を依頼するユーザーにとってとても大切なものです。買取相場によって損得にも大きく影響してきますので、しっかりと把握しておく必要があります。

買取業者の中には一般の乗用車も買取を行うところもありますが、一般の乗用車とトラックを比較すると、トラックの買取相場の価格変動が大きいことが分かります。

車の買取というのは、買取当時の経済状態を大きく反映しています。トラックの場合、市場が好景気状態であれば産業活動も活発になりますので、トラックなどの輸送車両の需要が高くなります。

そのためそのような状態であれば、たとえ古いトラックであっても買取額が上昇します。しかし経済活動が停滞、加工状態になると輸送車両の需要は下がるため、買取相場も下落します。

これが、トラックの大きな特徴といえます。一般の乗用車はそのような変動がありません。そのためユーザーは、常に市場の動向を把握しておく必要があります。

規制について

トラック買取相場については、規制も大きく関係してきます。トラックは排ガスをたくさん排出する車両でもありますので、法律で様々な規制があります。

この規制にかかると車の利用にも限界が生じ、車両自体の存在価値がなくなります。そのため、あまりにも規制が多い車は買取相場も下落する可能性があります。

トラックを買取業者に依頼する時は、自分の車についての規制をしっかり把握しておくと良いでしょう。トラックを買取業者に依頼する場合、買取相場をしっかりと把握しておく必要があります。

このトラック買取相場は市場の動向や車の規制などにも影響してきますので、しっかり確認しておかなければなりません。しっかりと下調べを行い、買取業者を選定しましょう。

トラック買取の口コミ情報を参考にしてよいか?

トラックを売却する時に、トラック買取専門業者を利用する人も少なくありません。一般的な買取業者でも売却できますが、トラックの需要によっては高額査定を期待できない時もあります。

しかしトラック買取の専門業者であれば、トラックを必要としているところが多いので高額査定を期待できます。高額査定を出してくれる業者を見つける場合、口コミを参考にしてみると良いでしょう。

口コミサイト

トラックを買取業者に売却する場合、まずは信頼できる買取業者を見つける必要があります。しかし買取を初めて利用する人の中には、業者の選定に戸惑う人も少なくありません。

業者の数が多いので迷うのは仕方がありませんが、最終的には優良業者を選ぶことが大切です。そして優良業者を選ぶ時に参考になるのが、インターネット上の口コミサイトです。

インターネット上の口コミサイトであれば様々な書き込みがありますので、初めての方は心強いことでしょう。トラックの場合、トラック買取口コミサイトを参照してください。

トラック買取口コミサイトであれば、実際に買取を依頼した方の感想や体験談などがあります。特に体験談は体験者の生の声を聞けますので、業者選定の為に一応目を通しておきましょう。

トラック買取業者の選び方とは?

今まで使用していたトラックを売却する場合、少しでも高く売りたいのであればトラック買取業者への依頼をおすすめします。トラック買取業者であれば、一般の買取業者やディーラーなどよりも高く買取ってもらえる可能性があります。

しかし買取業者によって査定価格が異なりますので、業者の選定をしっかり行うことが大切です。トラック買取業者の選び方を紹介しましょう。

見積依頼

トラック買取業者の数も多いので、その中から自分に合ったところを選別する必要があります。業者によっては買取価格も変動しますので、まずは買取業者に見積依頼をしてください。

見積り依頼をする業者の数に制限はありませんが、できれば複数の業者に依頼することをおすすめします。複数業者に見積依頼を行うことで、買取相場を把握できます。

トラックの場合、一般の乗用車と比べて買取相場の変動が大きいといわれています。そのため1社からの見積りだけでは、買取相場の把握は困難です。

トラック買取業者に見積依頼をする場合は、できれば2社以上にお願いすると良いでしょう。複数業者からの見積りがあれば、買取相場を把握できます。

そして後は、その中から一番高い業者を選べば良いのです。

トラック一括査定サイト

買取業者に依頼する場合、1社ずつに連絡してお願いする人もいます。しかし、それでは時間と手間がかかります。

すぐにトラックを売りたい人は、間に合わないかもしれません。そんな時に便利なのが、一括査定です。

一括査定であれば、ネットから簡単に複数業者に査定を依頼できます。また査定サイトの中には、無料で査定をしてもらえるところもあります。

査定料金と現地への出張料金それぞれが無料のところも多いので、利用する価値はあるでしょう。一括査定は、買取業者への査定を考えている方におすすめです。

トラックを買取に出す場合、買取業者を選定をする必要があります。この場合様々な方法がありますが、ネット上の一括査定のサイトがおすすめです。

まずは無量査定を試してみてください。

おすすめは、実績が豊富な「トラック一括査定王」です。簡単な無料査定で値段を確認してみてください。

トラック買取専門店がおすすめです

荷物の運搬、引っ越しなど、トラックは様々なところで活躍しています。とても便利な車ですが、時間の経過とともに劣化してきます。

そのためいずれ買い替えたり、処分したりすることになりますが、この場合の処分方法に迷う方も少なくありません。様々な方法が考えられますが、トラック買取サービスの利用も1つの方法です。

ディーラーや車買取店

トラックを買い替えたり、処分したりする場合、ディーラーに買取ってもらう人も多いかもしれません。ディーラーの数も多いので、その中には高く買取ってくれるディーラーもあるでしょう。

しかしディーラーは買取専門の業者ではなく、新車販売が目的のお店です。そのため買い替えなどで下取りに出しても、そう高い価格は期待できません。

下取り価格をあまり気にしない方であれば構いませんが、少しでも高く買取ってもらいたい方にはおすすめできません。

その他にも買取専門業者もありますが、こちらも業者によって査定価格が変わります。

また買取業者によって得意とする車種が違いますので、トラックを持っていても必然と限界価格が出てきます。

このようにディーラーでの下取り、また車買取店に査定依頼をすると損をする場合がありますので注意してください。

トラックのメーカーを紹介

トラックのメーカーとしては、様々な会社が挙げられます。トラックは車体部分(シャシー)ボディ部分(上物)の2つに分類でき、これら2つはそれぞれ別のメーカーで生産されることも珍しくありません。

例えばいすずのエルフの場合は、同じタイプのエルフであっても、ボディについてはダンプ仕様やアルミバン仕様、タンクローリー仕様など様々な種類に分類でき、その全ての部分をいすずが製造しているわけではありません。

他のメーカーとしては、日産日野日産UDトラックスなどもあります。

トラックの形状は4つに分類できる

トラックの形状は、次の4つに分類できます。まずはウィング車ですが、こちらは箱タイプの荷台の扉が左右に開くものです。次はバン車で、アルミ製の箱タイプ荷台を装備したトラックになります。

続いては平ボティ車になり、こちらは荷台がフラットになった屋根のないタイプ、最後のユニック車は荷台の前部分にクレーンを搭載した形状のトラックで、こちらはトラッククレーンと呼ばれることもあります。

ユニック車のアームは、360度回転するのが特徴です。

トラックの車種は5つに分類できる

トラックの車種は、全部で5つに分類できます。具体的には、「小型トラック」、「中型トラック」、「大型トラック」、「特種な形状・仕様のトラック」、「トレーラ」です。

中でも小型トラックは、積載量が2トン以下のものを言います。中型トラックは積載量が4トンクラス、大型トラックは積載量が10トンクラスのことを言います。

その他特種な形状・仕様のトラックは、ダンプ車やタンクローリー車、トレーラなどです。これらはより多くの荷物を運ぶことができる車両になります。

まずは無料査定で値段を確認してみてください。

トヨエースの特徴は機能面にある

TOYOTAは、乗用車以外にトラック部門でも国内で高い人気を誇っています。

1~4トンクラストラックとして需要の多いトヨエースは、特に建設業界で土砂運搬他の作業に導入されています。

トヨエースはトヨタのACEを合体させた造語が名前の由来と言われています。そんなトヨエースの特徴は機能面にあり、ディーゼルハイブリッド車を装備していることです。

これによって、世界でナンバーワンの低燃費の実現に成功しました。トヨタが提供している人気の乗用車であるプリウスと同じ方式となる、パラレル方式の仕組みを採用しているのも大きな特徴と言えるでしょう。

パラレル方式はエンジンを使用せず、モーターだけで走行できます。トヨエースはトヨタ自動車が発売するトラックの中でも代名詞とも言える車種になり、「日本の自動車技術180選」の中にも選ばれました。

燃費が良いことにも定評があり、排出ガスの基準もクリアしていることから、様々な現場で使用されている車種と言えます。

トヨタのトラックの中でも人気の車種ですが、特に海外から買取を希望されるケースが多い傾向にあります。

中古車であっても、トラックの状態によっては高値で売買することができる車両ですので以下のトラック一括査定王での査定をお勧めします。一度無料査定で金額を確かめてみてください。

ダイナ(トヨタ)の査定額アップ

ダイナとは、トヨタ自動車が製造している小型・普通のトラックのことです。初代は1956年に発売されています。他の車種と比べ、長い歴史を持っているのが特徴と言えます。

日本でも走行のしやすさから使用している業者も多くなり、使い勝手の良さにも定評があります。

トヨタダイナトラックはそれ以降も継続して販売されており、日野自動車がトヨタのグループ企業になって以降は、小型貨物自動車部門での活躍が大きいです。

トヨタダイナはトランスミッションに特徴があり、6速と5速のマニュアルとオートマチックは6速を設定しており、アイドリングストップ機能を搭載しています。

ダイナは日野自動車のデュトロをOEMとして供給されており、現在2t以上の車両は日野自動車工場で生産が行われています。

また1tタイプの車両はモデルチェンジをすることなく、現行のモデルを継続して販売しています。

またトラック自体が様々な現場で活躍できることから、日本だけでなく海外から買取を希望する業者も多く、中古市場でも評判の車両になります。

ネットの無料査定で、現在の価格をチェックしてから売却を検討しましょう。

ボンゴトラックは重機・トラックの買取業者へ

マツダボンゴトラックはエンジンの位置に特徴があり、座席の下部にエンジンをレイアウトしたキャブオーバータイプになっています。

現在の車種は1999年から発売されており、汎用性が高いと言えます。そのため日産や三菱に対してOEM供給をしていましたが、現在は自社で販売しているトラック以外は、全て日産のOEMになっています。

ボディの形状は850kgから1トンまであり、それぞれのニーズに合わせた選択ができます。ボンゴトラックは、商用車としての利用がメインとなったワンボックス車です。

かつては乗用登録できるワゴン車もありましたが、現在はバンやトラックだけが販売されています。国外ではマツダの「Eシリーズ」として販売されていましたが、現在は国内だけの販売となっています。

ボンゴトラックは現場で役立つ車として、多くの人たちから利用されています。そのため現在も需要の多い車として、買取業者の方でも注目しています。

車両を少しでも高く売りたい方は、ボンゴトラック買取業者で無料査定を行うと良いでしょう。

中古車市場の需要度によっては、高値での買取に応じてくれるところも少なくありません。

必ず無料査定は複数から、相見積もりを取って高値で売るようにしましょう。

タイタン(タイタンダッシュ)は高価格での買取可

タイタン(トラック)は、1971年からマツダが販売している小型、中型トラックです。

マツダタイタンは、小型、中型トラックの商標のことで、中でもタイタンダッシュは小型トラックに分類でき、最大積載量が1~1.5トンに限定されています。

マツダタイタンダッシュは2000年から生産されており、タイタンがいすずエルフのOEM供給車となって以降も、2010年まで販売が行われていました。

タイタンの車の名称は、ギリシャ神話の巨人一族「タイタン」に由来します。

普通免許で運転可能な貨物自動車の種類も多いのですが、その中の1つがマツダタイタンです。タイタンは小型、中型トラックとして、そのラインナップも多種に及びます。

タイタンは、人と社会に優しい高性能をコンセプトに生産されています。フロントガラスの部分を広めの設計にしたことで見通しも良く、運転がしやすいトラックとして知られています。

小回りが利き運転がしやすいこともあり、工事現場や建設現場、また引っ越し作業などでも利用されています。中古車の人気が高い車です。

高価格での買取に成功すれば、新車の買い替え費用にあてることもできます。

日産アトラスは中古でも買取人気の車種です

日産アトラスはラインナップも多く、乗りやすい車として、中古の販売市場でも積極的に取引が行われています。

日産アトラスは日産自動車が提供している小型、中型のトラックのことです。積載量は1~1.5トンクラスになっていて、2.0~4.0トン積の2種類の車両があります。

1982年に登場して以降、日産自動車の人気のトラックとして君臨してきています。アトラスのボディサイズは、全長4460~6840mm、全幅1695~2180mm、全高1695~2550mmで、搭載されているエンジンの排気量は1600~5200ccと、幅広いのが特徴と言えます。

また日産アトラスは他のトラックと比べて小回りが利き、架装パターンの種類も多く、普通免許で運転できる貨物自動車として、多くの人たちから利用されています。

また市場価格もリーズナブルであり、居住性の良さや長年の信頼なども影響して、中古車でも根強い人気があります。

こちらの日産アトラスは、オートマチック仕様の車両も展開されていることから、他よりもずば抜けて高い人気を誇ります。

加えて燃費が良いこともあり、海外でも使用されるくらい人気が高いので、買取もよく行われている車両です。

トラック一括査定王で、まず一括査定をしてみて現在の価格の相場を把握してみてください。

ビッグサムを高値で売るにはポイントがあります

UDのビッグサムは、多くの物資を長距離運送するのに適した大型トラックです。

ビッグサムは1990年頃から発売された、旧日産ディーゼルが製造販売を行っていたトラックで、2005年には日本国内に向けての製造は終了していますが、海外に向けての製造は行われており、根強い人気のある車両となっています。

中古車として十分に利用できますので、運送会社の中には必要としているところも多いのです。

UDクオンは中古でも人気です

UDクオンは、UDトラックスの中で最も販売台数が多い大型トラックです。機能面の特徴としては、エンジンなどの部品を根本的に見直した点にあります。

「GH11」型のエンジンを搭載することで、さらなる燃費の向上やスムーズな運転の実現に成功しました。エスコット-ファイブと呼ばれる、電子制御タイプのトランスミッションにも特徴があります。

これにより、12段ギアを自動変速制御できるようになりました。最適な省燃費のタイミングでギアチェンジできるように、しっかりと調整されているのです。

UDクオンは漢字では永遠の未来を意味しており、トラック業界での期待が込められています。

またドライバーが安全で快適に運転できるよう、最新の技術を塔載しています。

クオンは運送会社などで活躍しており、新車だけでなく中古車市場の人気も高い車です。

デュトロをトラック買取業者で売却

デュトロは普通免許で運転でき、またオートマチック車であればAT限定免許でも運転可能です。

2011年のモデルチェンジで動力源にディーゼルエンジンが採用されましたが、他にもハイブリッド、ディーゼルハイブリッド、ガソリン車など様々な車種が用意されています。

トラックを提供しているメーカーも多いのですが、日野デュトロは顧客満足度ナンバー1ともいわれています。

いすずエルフは新世代エンジンを搭載しているのが特徴

いすゞ自動車はトラック・バスメーカーとして、その技術力に定評があります。また中国など、海外にも積極的に進出しており、世界各国にトラックを提供しています。

いすずエルフは、2~3トンクラスのトラックの中では、2001~2016年もの間、16年連続で販売台数ナンバーワンを誇る人気車種でもあります。

エルフには、ディーコア(D-CORE)と呼ばれる、新世代のディーゼルエンジンを搭載しているのが特徴と言えます。

ディーコアは、低回転域と高回転域のどちらにもターボを効率的に使うことができ、そのため燃焼効率の向上化を期待できるのです。

エルフの場合は、この低回転域と高回転域に効くターボに定評があり、これによって排出されるガスがクリーン化されます。

三菱ふそうキャンターはデュオニック機能を搭載しているのが特徴

キャンターは、三菱ふそうが生産している貨物自動車で小回りが利く車両として、様々なところで利用されています。

運送会社、食料品会社、また個人でも保有している人も少なくありません。

三菱ふそうキャンターは、キャブオーバータイプの小型トラックのことです。英語では「canter」と表記され、これには「小走り」や「ゆるやかな かけあし」などの意味があります。

これまで何度かモデルチェンジを経た後、現在のトラックは2010年に発売された8代目モデルです。

8代目の三菱ふそうキャンターは、世界でも初めてとなるデュアルクラッチトランスミッションである、DUONIC(デュオニック)と呼ばれる機能を搭載しているのが特徴と言えます。

Wキャブは整備して査定額アップ

Wキャブ(ダブルキャブ)は、トラックの客室が2列以上のものをいいます。一般的なトラックは客室シートが1列になっており、そこに2~3人が乗車します。

そしてダブルキャブの場合はシートが2列になっているため、一度に5~6人一緒に乗れます。しかし、人が多く乗れる分それだけ積載量が少なくなりますので、査定にも大きく影響してくることがあります。

ダブルキャブには多くのメリットがあり、全体的に荷台に積み込めるものが少ないのが特徴です。そんなダブルキャブは、次の2つの種類に分類できます。

まずはダブルキャブワイドになり、一般的なダブルキャブと比べて、荷台内法の幅が広くなったものです。また他の車両より、横幅が大きくなっています。

もうひとつはダブルキャブロングで、こちらは一般的なダブルキャブと比べて荷台内法長が大きめです。全長が長いこともあって、色々な荷物の積み込みが可能になります。

幌車は買取でも人気車種

一般的なトラックの荷台部分に幌骨受けを設置し、幌シートによって荷台全体を覆った車両が幌車です。

幌車には屋根は付いていませんが、幌布で荷台が囲まれますので荷物を濡らさないで運搬できます。

幌車の種類は軽トラの大きさによって分類され、大きいものでも4トン程度が主流です。

幌車は防水加工が施された帆で荷台を囲い、荷物をしっかりと保護しつつ運搬することができるようになっています。

荷台をカバーする部分が帆になっている分、スタンダートなトラックに比べると価格が安いという魅力がありますが、帆の部分が傷みやすいという特徴があります。

荷台が幌になっている幌車は、アルミボディのトラックよりも軽量で機動性が高く、中古で購入する方も増えていますので、買取査定は悪くない傾向にあるようです。

2t・4tトラックはネットで買取業者を選ぶ

建設現場では様々な重機が活躍していますが、その中でも人気があるのが2tトラックです。2tトラックは建築業以外にも、小売業の配送用などとして活躍しています。

ただ現在国内のトラック販売の中で、4tトラックが最もたくさんの販売台数になっています。2tトラックの需要もかなりありますが、それ以上に4tトラックを利用する人が多いのです。

また架装の種類についても、ダンプやアルミバンなど様々なトラックが各メーカーから販売されています。