【フォークリフト買取】フォークリフトを高く売るポイントをご存知ですか?
さえこさえこ

フォークリフトを高値で売却したい方は、まず無料の一括査定で買取相場を確認しましょう。年式、機種、型式など簡単な必要事項の入力だけで査定がしてもらえますので、忙しい方でも気軽に申し込むことができます。

トラックや重機買取をメインにしている「トラック一括査定王」ではフォークリフトも買取対象で、ネットでの査定に関しては1年中24時間申し込みが可能です。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

フォークリフトの買取状況について

日本全国の食品、化学、電気、機械等の製造企業では、ほとんどの工場でフォークリフトを使用していると思います。

工場内の部品倉庫からの搬入、搬出、製品の運搬、出荷用の積み込み、積み下ろし等様々な部署での作業にフォークリフトは活躍しています。

工場などで良く見かけるフォークリフトの、買取の実態はどうなっているのでしょうか?中古車で購入しても、50万円から100万円以上の価格で取引されています。

そのため中古車を保有している方は、できるだけ高い価格で買い取ってもらいたいはずです。フォークリフトの買取について見てみましょう。

査定から買取までが短時間な「トラック一括査定王」の査定システム

「トラック一括査定王」の無料査定はそんな手間をかけず、インターネットの査定フォーマットに必要事項を入力し、送信するだけで査定ができます。

送信後、「トラック一括査定王」より連絡があり、詳細確認後、実機確認し最終査定金額が決まります。後は必要書類を作成し引取り期日を決定、指定日の支払い、引取り完了で全てが終了となります。

振込だけでなく現金での支払いも可能ですので、即日現金が必要な場合にも心配はありません。長く使用してきたフォークリフトは、少しでも高値で売却ができたらと誰もが考えているでしょう。

フォークリフト買取は早くて安心なトラック一括査定王

工場内での資材や製品の運搬、運送会社や物流センターの倉庫での商品管理など、製造や物流関係で欠かすことのできないのがフォークリフトです。

フォークリフトには充電式、エンジン式、一般的な座って運転するタイプにリーチと呼ばれる狭い場所での使用を目的としたもの、小型でハンドリフトに近い形状の電動タイプなど様々な種類があります。

フォークリフトの取り扱いには資格が必要で、どこの企業でも資格取得者が操作をし、定期点検が義務付けられています。

フォークリフトは2種類ありそれぞれ特徴を持っている

フォークリフトは、リーチリフトとカウンターリフトの2種類の車両があります。

中でもリーチリフトは立って操縦する車両になり、中央にあるレバーを使用してツメを前後に動かせるのが特徴です。

手元のレバーによって、フォークリフトを前進後退させることができます。リーチリフトは小回りが利き、屋内専用として利用されています。

一方のカウンターリフトは座って運転するのが特徴であり、車のような感覚でハンドル操作ができます。

買取業者が多くない中古フォークリフト

そんなフォークリフトも会社内のレイアウト変更や作業状況により、数量減少により処分したり買い替えを検討する時があると思われます。

自動車の売却であれば、中古車を取り扱う企業はたくさんあり、全国チェーンの買取業者であれば比較的希望通りの金額で売却することも容易です。

ですが、フォークリフトに関しては専門業者が少なく、多少買取金額に不満があってもそのまま売却することも少なくありません。

気軽に査定ができる無料フォークリフト査定

そういう状況の時に気軽にフォークリフトの買取査定を可能にしているのが、「トラック一括査定王」の無料査定です。

中古自動車と違い買取店に簡単に持っていけないフォークリフトは、査定ひとつでも容易ではありません。

ナンバー付きでも移動には時間がかかり、専用の運搬車を使えば料金も発生します。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

高額でも現金支払いが可能

最終的には実機を立会いにて確認、査定し金額が決定しますが、買取後の売却に独自のルートを持っていますので、他社よりも高額な査定金額となる可能性があります。

契約成立までの対応も早く、支払い方法についても振込は当然として高額な場合でも現金支払いが可能で、この辺りが他社との大きな違いです。

何も考えず売却すると、後々になって後悔することもあります。

「トラック一括査定王」の無料査定を利用して、安心の査定を受けると良いでしょう。

一般的な車両より売却に困るフォークリフトなどは、特に専門の業者での査定を受けてください。

査定だけでも、丁寧に対応してもらえるのが「トラック一括査定王」の強みです。フォークリフトの売却を検討する際は、「トラック一括査定王」でのフォークリフト査定を試してみるのはいかがでしょうか。

フォークリフト売却の手続きの無料代行

フォークリフトを売る場合、書類の手続きなどを結構面倒に感じる人も多いかもしれません。しかし最近の業者は、これら書類作成も無料で代行してくれるところが増えています。

今回初めて依頼する方は分からないことも多いと思いますので、すべての手続きを代行してくれる業者に依頼することをおすすめします。また、大手の業者であれば全国各地に営業所などがありますので、すぐに対応してくれます。

フォークリフトを売却する場合、一度買取業者に無料査定を依頼してみてください。業者によって査定価格は違いますが、中には高査定してくれる業者もいます。

廃車を考える前に、一度無料査定をしてみるのも1つの方法です。

対象車両

フォークリフトというのは、普通の車と比較して査定に関しての情報が比較的少ないといわれています。そのため、相場価格が良く分からない方も多いようです。

業者が実際に買取できる車両は、事故車や故障車、また水没した車などでも対象になります。そのため、修理が必要だからと諦める必要はありません。

業者は他にも販売ルートを持っています。他の販売業者、海外の販売業者など、特殊な販売ルートを持っていますので、たとえ事故車や故障車であっても買い取ってもらえるのです。

故障車の場合、修理をしたりパーツに分解したりして、パーツ業者に販売することも可能です。このように、車両が事故や故障に遭ってもすぐに廃車処分するのではなく、業者に買い取ってもらう方がお得なのです。

皆さんの工場にある車両を、もう一度確認してください。故障していてもそのまま廃棄しないで、一度業者に査定してもらうのも1つの方法です。

フォークリフトの取り扱いについて

フォークリフトは自動車と異なり、走行だけでなく荷役作業が伴います。さらに自動車に比べて車両重量、駆動力も大きく、構造や特性も大きく異なります。

運転能力が未熟だと事故も発生します。また、狭い場所での荷役、運搬を行う場合が多いため、運転者誘導者は周囲の状況、特に歩行者、

高積みされた荷物に十分注意しなければなりません。作業開始前には制動装置、操縦装置、方向指示器、警音機、荷役装置および油圧装置の機能や、車輪の異常の有無などを点検しなければなりません。

燃料の補給時は、必ずエンジンを停止させること、燃料、作動油などの漏れはよくふき取っておくことが大切です。

バッテリー車では、バッテリーの上面を常にきれいにして水分をふき取って、バッテリーケーブルの被覆の傷やコネクタの緩みの有無も点検しなければならない。

また、実際に運転するフォークリフトはメーカーにより機種ごとに独自の取り扱い上の注意があるので、付属する取扱説明書をよく読んで、理解してから運転することが重要です。

そのほか、フォークリフトの故障が発見された場合は、直ちに車両の管理者に報告し、修理することが必要になります。

物流に欠かせないフォークリフト

製造業に限らず、物流に関わる部門ではフォークリフトの存在は重要です。

一般的にフォークリフトは座って乗るカウンターバランス型と、立って乗るリーチ型が有名ですが、サイドフォーク・スタッキングリフトなど特殊な専用フォークもあります。

フォークリフトは日常点検が義務付けられており、どこの会社でも点検と給油はしっかりと行い、長期稼働をしています。

ですが、業務の状況や新規購入が必要となった時、古いフォークリフトを処分する場合は、少しでも高値で買い取ってくれる業者があれば有難いでしょう。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

フォークリフトの荷役装置

フォークリフトの荷役装置はマストおよび油圧装置の総称で、荷物をフォーク等に積載し必要な高さに持ち上げたりして、必要な角度に傾けたり、その他いろいろな荷役の為の動作が出来るような構造になっています。

昇降の動作はマストと呼ぶ案内レールに沿って、両サイドに装着した長いリフトシリンダを油圧によって伸縮させてこれをリフトチェーンを介することによりフォークの昇降を行っている。

傾斜の動作については、カウンタバランス型はマスト背面に取り付けたティルトシリンダでマストを前後傾けさせることにより行い、リーチ方はマストが傾斜しないためフィンガバーをティルトシリンダの伸縮により傾斜させ、それによりフォークの前後の傾けを行っている。

これらの動力源となる油圧は、エンジンに装置、またはモーターで駆動される油圧ポンプで発生させ、運転席でコントロールバルブの油圧を切り替えることによって各シリンダに振り分けている。

フォークリフトに加わる荷重の種類

フォークリフトで扱う荷重は、大別すると、静荷重と動荷重とに分けられる。静荷重は死荷重ともいい、フォークリフトのフォークに荷を積んだまま放置した場合、

フォークリフトに掛かっている荷重は向きと大きさの変らない静かじゅうである。動荷重は、活荷重ともいい、次の3つに大別される。

すなわち、荷役中のフォークなどが受ける荷重のように向きは同じでああるが、その大きさが時間的に変わる繰り返し荷重、フォークリフト車軸が受ける荷重のように向きと大きさが時間的に変わる交番荷重、更にフォークリフトが

運転中に床面のへこみに一方の車輪を生みこんでがたんと落ちたときのフォークリフトに掛かる衝撃荷重がある。この衝撃荷重は比較的短時間に加わる外力であり、作用する時間が短いほど衝撃の効果は大きい。

フォークリフトの積載荷重

フォークリフトの最大荷重は、その構造、材質に応じて運搬しうる荷重の最大値で表され、フォークリフトの能力を表すのに用いられる。

フォークリフトの許容荷重は各部の強度、安定度などによって制限されるが、特に大事なことは安定度である。フォークリフトの前後バランスの安定度は荷重だけでなく、フォークリフトと荷重の関係、高さや距離、更には形などにも影響されます。

荷重がフォークリフト本体から離れるほど、モーメントが大きくなるので、許容荷重は減少します。フォークリフトの荷重中心とは荷重中心とは、荷重の重心位置とフォークの垂直部前面との距離を意味しています。

公称の荷重中心を基準荷重中心といい、その大きさはjisで規定されている。

フォークリフトの免許

フォークリフトには2種類の免許があり、最大積載荷重量が1トン、あるいは1トン未満かによって免許の取得方法が変わってきます。

1トン未満のフォークリフトは、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」という指導を受ける必要がありますが、特に試験はありません。

これらのフォークリフトの免許は、工場などで資格制度を設けているところもありますので、工場毎にチェックしておきましょう。

フォークリフトの後車軸

フォークリフトの後車軸は一般に舵取り車軸となっていて、タイヤの舵取り角度は自動車のそれとは違います。自動車だと、内側で35度程度ですが、フォークリフトだと75~80度と極端に大きいのです。

これはフォークリフトの性能面で、旋回半径を出来るだけ小さくするためです。カウンターバランスフォークリフトでは、フレームへの取り付けに、車軸の中心をピンで指示しており、これをセンタピンといいます。

前車軸同様に懸架バネがない。なお、センタピン式では、この指示構造によって、でこぼこ路面で前後4輪が路面に設置することが出来、

スリップせず走行できる特徴があるが、走破性が向上する反面、フォークリフトの左右の安定度が悪くなり、大きな積載荷重を得ることが出来なくなります。

リーチフォークリフトでは、後車軸はなく、後輪の1輪は駆動と舵取りもかねており、舵取り角度は90度でカウンタバランス形のものよりも大きくなっています。

別にキャスタホイールといって、旋回自在な車輪を持つ車もあります。

JIS規定によるフォークリフトの分類

フォークリフトの分類を紹介します。買取査定時の参考にしてください。(JIS D 6201は、次の種類で分類)

外観形状による分類

  • カウンターバランスフォークリフト
  • ストラドルフォークリフト
  • パレットスタッキングトラック
  • サイドフォークリフト
  • リーチフォークリフト
  • ウォーキーフォークリフト
  • ラテラルスタッキングトラック
  • 三方向スタッキングトラック
  • オーダーピッキングトラック
  • ラフテレーンフォークリフト
  • マルチディレクションフォークリフト
  • プラットフォームスタッキングフォークリフト

動力による分類

  • 内燃機関(エンジン)式フォークリフト
    • ガソリン車
    • LPG車
    • LPG・ガソリン併用車
    • ディーゼル車
  • 電気式フォークリフト
  • 外部電源式バッテリ車
  • エンジン・電気併用車

車輪タイプによる分類

  • ニューマチック車
  • クッション車

操縦方式による分類

  • 乗車式
    • 座席式
    • 前向座席式
    • 横向座席式
  • 立席式
    • 前向立席式
    • 横向立席式
  • 歩行式
  • 無人式

TOYOTA L&Fのフォークリフト

TOYOTA L&Fのフォークリフトのラインナップです。

カウンタータイプ

  • りとるランナー
  • プチランナー
  • 500~900kg 電動フォークリフト
  • gene B(ジェネビー)
  • gene B(ジェネビー)防爆タイプ
  • GENEO-B(ジェネオビー)
  • 7FB60・70・85
  • Ecore(エコア)
  • 燃料電池フォークリフト

リーチタイプ

  • Rinova(リノバ)
  • Rinova(リノバ)防爆タイプ
  • Rinova(リノバ)オールウェイ
  • Rinova(リノバ) AGF
  • リチウムイオンバッテリー搭載Rinova(リノバ)

ピッキングタイプ

  • 楽ピック
  • りとるランナーP
  • ハイピックリフト

フォークリフトの製造メーカー

フォークリフトは、以下のように様々なメーカーから提供されています。

フォークリフトは様々なメーカーがありますが、豊田自動織機「トヨタL&F、TOYOTA」は世界でも人気の高いメーカーです。

まずは豊田自動織機で、こちらは日本はもちろん世界でも有名なメーカーです。トップシェアを誇っているトヨタ自動車のフォークリフトとして、高い支持を得ています。

次はニチユ三菱フォークリフトで、複数のフォークリフトメーカーが合併してできたフォークリフトメーカーです。

他にコマツリフトもあります。こちらは建設機械からスタートしたフォークリフトメーカーであり、もうひとつの住友ナコフォークリフトは、日本の住友重工業がアメリカのメーカーと合併してできたメーカーになります。

フォークリフトは大きく3つに分類されます

工場や倉庫などで活躍しているフォークリフトですが、こちらは3つの車種に分類されます。

そのひとつが小型ディーゼル車であり、0.9~3.0トンの車両が存在しています。内訳は、0.9トン、1.5トン、2.5トン、3.0トンです。

次は中型ディーゼル車で、こちらは3.5~5.0トンとなっています。内訳は、3.5トン、4.0トン、4.5トン、5.0トンです。

もうひとつは大型ディーゼル車で、6.0~23.0トンの車両があります。内訳は、6.0トン、7.0トン、8.0トン、10.0トン、13.5トンなどです。

フォークリフトの買取相場は積載荷重1トン未満のものは、年式が古い時は10万円前後、使用10年未満であれば20万円以上になることもあります。

他にも1トン以上2トン未満は50万円前後を、2トン以上は100万円以上も期待できます。フォークリフトの買取相場を把握しておけば、売却もしやすくなるでしょう。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。