クレーン車の売却時に確認すべき高値で売るためのポイント
さえこさえこ

不要なクレーン車を売却する方法は様々ですが、高価格での買取を希望するのではあれば、まずはネットで無料の一括査定がおすすめです。一括で複数社に査定してもらうことで買取相場を把握できます。

クレーンを買取に出す場合、複数業者へ査定依頼すると手間なので一括査定を使った相見積もりで最高値を取りましょう。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

クレーンの車両要件について

クレーンというのは動力を利用して荷をつり上げ、その荷を水平運搬することが目的となった機械装置をいいます。一定場所に固定された車両、また一定の範囲を移動する車両に分類されます。

この建設機械は動力を利用して荷をつり上げることが大きな要件であり、人力による移動は該当しません。

また上げた荷を降ろす際の条件は特になく、荷そのものを自由降下したり、動力を利用して降ろしたりなど、どちらでも構いません。

そして他の要件は、つり荷を水平に移動することです。水平の方向に移動する方法は、人力と動力のどちらでも問題ないでしょう。

またつり上げ荷重が0.5t以上に限定されます。0.5t未満の車両は安全規則の適用を受けませんので、クレーンには該当しません。

クレーンの種類一覧

主なクレーンの種類を紹介します。

  • ラフタークレーン
  • リーチタワークレーン
  • トラッククレーン(箱型ブーム)
  • トラッククレーン(ラチスブーム)
  • オールテレーンクレーン
  • 車両積載型クレーン
  • クローラクレーン(ラチス式)
  • クローラクレーン(テレスコピック式)
  • カニクレーン
  • レッカー型トラッククレーン
  • クレーン仕様油圧シャベル
  • 軌陸両用クレーン

クレーン車の売却時の状態

クレーン車の買取相場は、それぞれの車両の状態や走行距離、提供されるメーカーなどによって、実際の買取価格が変わってきます。

買取市場での需要も大きく影響してきますので、車両を売る際には市場におけるニーズをしっかり把握することが大切です。また、車両の状態によって変わりますので気をつけましょう。

クレーンには、3~6段の伸張段数があります。この段数が多いほど長く伸ばせますが、人気があるのが4段程度の車両だといわれています。

さらにクレーン車の買取査定では、トラック車体とクレーン装置の年式が大きく影響します。車体とクレーン装置の年式の差によって、買取価格が変わりますので注意してください。

クレーン車は新車の車両に中古クレーン装置を設置するケースが多いのですが、その逆のケースもあるようです。

そのため査定に出す時は、需要を確かめることも大切です。査定価格で確認してみてください。

クレーンは国内外で買取需要があります

クレーンは人力では動かすことのできない巨大な物や、重量のある物を吊り下げて運搬する際に使用される機械です。

土地の狭い日本では大都市の高層ビル化は年々増え続け、ビル工事は高くなればなるほど作業環境の危険度も高くなることから、使用する重機の性能が重要になります。

そのため高層ビル工事で、鉄骨などの吊り上げにはクレーン車が欠かせません。

耐久性と安全性の高いクレーン車は新車価格はかなり高額になり、工事業者の間では中古のクレーン車の人気が高い傾向にあります。

クレーンの買取は優良な業者を選択

少しでも高く買い取ってもらうには、まず優良な業者を選ぶことから始めてください。

そのためには、複数の業者に査定を依頼することが大切です。インターネットでは複数業者への一括査定がありますので、買取時には一度利用してみてはいかがでしょうか。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

ホイールクレーンとは移動式クレーンのこと

ホイールクレーンとは、吊り上げ荷重が0.5トン以上の車両で、次の条件や定義を満たす移動式クレーンのことです。

具体的には、動力を用いて積荷を吊り上げられる構造を持っていること、積荷を水平運搬することが目的になっている、原動機などを内蔵しており、任意の場所に移動できるクレーンであることです。

重量運搬物を移動したり車両に積むときに人間の力では移動することができないことから、専用の吊り上げ機能の付いたクレーンで運ぶことになりますが、車両自体にクレーンが付いていると荷物の運搬も積み降ろしもできるため様々な現場にフィットします。

移動式クレーンに分類され、ホイールクレーンの他にラフタークレーンやトラッククレーンなどもあり、建設現場や産業廃棄物業などで活躍しています。

ホイールクレーンの買取をしているところは意外にも多いのですが、安く買取をされてしまったり納得のいく値段での買取がなされなかったりする場合も多いです。

ホイールクレーンは処分の前に査定

ホイールクレーンはゴムタイヤが付いた車軸で支えられている台車上に、クレーン装置を架装して走行する車両です。

ホイールクレーン車は原動機を利用して走行し、車輪には四輪式タイプのもの三輪式タイプのものが存在します。

ホイールクレーンは他のクレーンと同じように、一度故障するとその処分に困りますが、買取サービスを効率的に活用すれば、新車買換えの費用にあてることも可能です。

買取を行う場合、重機専門の一括査定で複数の業者に見積もりを出してもらうのが一番です。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

カニクレーンは業者次第で高値が付きます

整地をしっかりしていない土地や山間部、そして霊園のような場所で非常に使い勝手の良いカニクレーンは、買取の場合では一般のトラック型クレーンに比べて少ないです。

カニクレーンのような重機でも、中古車としての売却自体は行われています。日本では、カニクレーンのような特殊車両はそれほど多く求める会社も少ないですが、海外では中古車でも良いので欲しいという業者もあるようです。

一般的な買取業者でも良いですが、ネット系の買取業者に査定を依頼する事で、多くの買取金額を手にする事も可能となります。

山間部や不整地など、足場が悪い場所で作業を行うことを得意としているカニクレーンですが、基本的に使われる場所が限定されているため、日本国内の需要は残念ながらあまり多くはありません。

道路などで工事が開始されると、普段はあまり見かけない建設現場用の重機や車両が数多く出入りするのを目撃しますが、山間部や急な斜面などの工事現場ではカニクレーンが活躍います。

タイヤやキャタピラ付きの重機が作業できない特殊な環境で使われるカニクレーンは、どんな場所でも作業可能なクレーンとして高く評価されています。

カニクレーンとは積載形トラッククレーンが作業できない場所で利用される車両

カニクレーンとは、積載形トラッククレーンが実際に作業できない、あるいはしにくい場所で活躍しているクレーン車です。積載形トラッククレーンが作業できない場所としては、山間部や不整地、墓地や霊園など様々です。

カニクレーンの名称ですが、アウトリガーを設置している形が「カニ」に似ていることからその名前がついたと言われています。クレーンの能力ですが、一般的なクレーンと比べて比較的小さいのが特徴で、最大で2.9トンの物を吊ることが可能です。

カニクレーンは処分する前に一度査定すべき

カニクレーン車は、積載形状のトラッククレーンが入れない、山間部や不整地などの作業に適しています。クレーン車にアウトリガーを設置した形がかにを連想させることから、その名前が付けられました。

カニクレーン車は、通常トラック形状のクレーン車と比較して操作が難しいこともあり、一般的に需要が少ないといわれています。

カニクレーンを売却する際は、まず無料一括査定の利用をおすすめします。無料一括査定を利用することで、条件の良い買取業者が見つかる可能性があります。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

クローラークレーンの売却手順

クローラークレーンは、特殊な重機ですが、普通のクレーンとは違っても、買取の基準となるものにはそれほど差がありません。クローラークレーンは作業の幅が広がるものになり、利用する会社等ではかなり重宝されるものになっています。

特殊な重機である事で、買取業者へ依頼する事をためらってしまう会社もありますが、重機買取業者では一般に使われているものを査定して現金買取しているので、特殊という部分は買取に関しては関係がありません。

しかし公道を走る事ができないため、他の車両に載せて運ぶといった移動方法を求められます。年式が古いものであってもこれは特殊車両になりますので、中古でも値段は付きやすいです。

景気が良くなったからか、新しい商業施設が大都市では頻繁に建設され続け、大企業の工場では新工場や大型のプラントなどの新設が増えてきています。そんな大型土木工事現場では、大型の構造物の移動や吊り上げにクレーン車が必要となります。

クレーン車の中でもパワーと移動距離が大きいクローラクレーンは高性能な反面、購入が高額になり中古車両の人気が高くなっています。重機買取の相場も高く、クローラクレーンを売却する際には高評価を期待できるでしょう。

クローラークレーンは査定で予期せぬ利益に

クローラークレーンというのは、クローラーと原動機により、不特定多数の場所に自力移動できる車両です。移動式のクレーンとして、建設現場などで利用されています。

クローラークレーンとはクローラーと原動機を装備しており、様々な場所に自力で移動して作業できる移動式のクレーンのことです。クローラークレーンはキャタピラで走行できますので、不整地や起伏の激しい土地などでも走行できます。

一般的なクレーンでは行くことのできない場所、例えば地盤が柔らかいので支持力が低いところや、舗装未装備の路盤上での作業などに適しています。

一方で走行速度が遅く、小型タイプでもナンバー取得ができないことから、公道での走行はできません。現場を移動する際には、アーム部分を解体した後にトレーラーなどで運搬するのが一般的です。

複数業者の見積りを比較検討することで、最良の買取業者がきっと見つかります。

一社だけの提示額しか見ずに売却を決めるのは危険です。まずはネット査定で価格をご確認ください。

ユニックとは古河ユニック株式会社の登録商標

ユニックとは移動式のクレーン車であり、クレーンが付いたトラックの多くを、トラック業界ではユニック車と呼んでいます。ユニックという名前ですが、これは正式なものではなく、「古河ユニック株式会社」の登録商標です。

広く世の中に浸透したことで、他のメーカーが提供しているクレーン付きのトラックもユニック車と呼ばれるようになっています。ユニック車の大きな特徴は、クレーンとなる竿部分を各用途によって、長さの調節ができることです。

トラックの中でクレーンを装備した車両がユニックであり、現在は様々なところで利用されています。ユニック車は、コンクリートや鉄といった重い物を取り扱う時に良く利用されています。

マンションやオフィスビルなどの建設現場、また工事現場などで活躍しています。

ユニックは処分・売却の前に無料査定

ユニックの処分に困っている場合、ユニック車の売却を予定している人におすすめしたいのが、重機買取サービスです。ユニック車の買取サービスを利用すれば、一般的な買取業者よりも高い価格での買取を期待できます。

まずはネットの無料査定で保有されているユニックの価格を一度確認してみると良いでしょう。無料査定して値段を出してもらってから、売却・処分を判断しましょう。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

ラフタークレーンの売却・買取業者について

建設現場や工場現場などで活躍する重機には、様々な種類がありますがラフタークレーンは、トラッククレーンよりも小回りが利くなど使い勝手が良いので、多くのところで利用されています。

ラフタークレーンは「ラフテレーンクレーン」と呼ばれることもあり、多くの現場で活躍しています。一般的なクレーンと比べてコンパクトですので、小回りが利きます。また四輪操舵ですので、悪路でも走行できます。

ラクタークレーン車は、豊富な車種バリエーションに定評があります。ラフタークレーンの無料査定は以下から試してみてください。