ダンプカーの買取価格を高値にする方法!【売却検討時に必見】
さえこさえこ

ダンプカーのような元の値段が高い車輌は、買取金額の差も大きくなりやすく数十万円の差が出る事も珍しくありません。売却するか迷っている段階の場合は、自分のダンプカーがどれほどの価格になるか知りたい場合は無料一括査定で現在価格を確認しましょう。

インターネットからの申し込みで、ダンプカー等の大型自動車を無料一括査定をしてくれる「トラック一括査定王」がおススメです。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

ダンプカー買取の査定額を上げるには

ダンプカーのオーナーにしてみたら、できるだけ高く買い取ってもらえる業者に買取を依頼したいものです。

重機専門の買取業者、またダンプカー専門の買取業者に買取を依頼すると、まずダンプカー査定をしてくれます。このダンプ査定で提示してくれた買取価格を、他の業者と比較検討すれば良いのです。

インターネット上の一括査定サービスを利用すれば、複数業者から瞬時に見積りをもらえます。この見積り価格を比較考慮すれば、大体の買取相場を把握できます。

業者によって査定額が変わりますので、まずは信頼できる業者を見つける必要があります。重機の中には、ダンプカーも含まれますが、ダンプカーの買取で注意する点を紹介します。

大型、中型、小型ダンプカーの買取査定について

ダンプは、大型、中型、小型など、様々なタイプに分かれています。そして小型車両の中には軽ダンプがあります。軽ダンプは大型ダンプと比べて小回りが利きますので、様々なところで利用されています。

そして建設会社や工事会社の中には、古くなった軽ダンプをたくさん抱えているところもあるでしょう。この古くなった軽ダンプを処分する場合、どのような方法があるのでしょうか?

無料一括査定は、インターネット上から簡単に利用できますので確認してみてください。不要になった軽ダンプの処分に迷っている人におすすめしたいのが、重機の無料一括査定サービスです。

メンテナンスもしっかり行って買取サービスで無料の一括査定をしてみましょう。

ダンプカーの買取相場はメーカーによって変わる

ダンプカーは多くの建設会社で利用されていますが、その中には耐用年数による買い換えを検討しているところもあるでしょう。

ダンプカーの買取相場は、ダンプの種類やメーカー、状態、走行距離などによって大きく変わってきます。当然のことですが、状態が良ければ良いほど高値になる可能性があります。

またメーカーによっても、大きく異なることがあります。ダンプカーの定番であるいすずや日野を始め、各種メーカーのダンプを強化買取している業者も少なくありません。

主なダンプメーカー

  1. いすず
  2. 日野
  3. ヤンマー
  4. ミツビシ(三菱)
  5. 日産
  6. モロオカ(諸岡)

ダンプカーは各種の製造メーカーによって提供されている

工事現場などで、多くの重機と一緒に活躍しているのがダンプカーになり、様々なメーカーから提供されています。国内の主なダンプカー架装業者としては、次のものがあります。

架装業者や新明和工業、極東開発工業や東急車輛製造、小平産業などです。またダンプトラック製造業者としては、小松製作所や日立建機、ボルボ建設機械やリープヘル、オートカーなどが有名です。

それらのメーカーが提供しているダンプカーは、それぞれに特徴があります。

ダンプカーの車種は、一般的に公道を走行できる「普通ダンプトラック」と、鉱山やダム建設といった大規模な工事現場などで活躍する「重ダンプトラック」に分類できます。

中でも普通ダンプトラックは、元々一般公道を走行するのが前提となっており、トラックのシャシーに荷台を架装しているのが特徴です。

平坦地での走行性能を維持できるように設計されています一方の重ダンプトラックは、オフロードダンプトラックやマンモスダンプとも呼ばれており、積載量300トンを超えるものも存在しています。

10tダンプの買取状況

高速道路や新幹線、幹線道路が続々と作られる現代は、建設業界は活況の時代が続いていることもあり、建設現場で土砂を運搬する車として10tダンプは欠かせません。

多くの10tダンプが並んで走る姿は圧巻です。

10tダンプは新車では高額になるため、大型の運転手を始める方は中古で購入する場合も多く、中古トラック買取の会社でも大型ダンプの査定は高くなる傾向にあります。

中古車の買取店でも大型ダンプの買取を行っているところはありますが、大型を売却するときにはトラック・重機専門のトラック一括査定王に依頼する方が高い評価が期待できます。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

10tダンプを高値で売るポイント

10ダンプとは、建設現場などではなくてはならない車両のひとつで土砂や産業廃棄物などを運搬する際に使用されているトラックです。需要が大きいこともあり、各メーカーから様々な車種が販売されています。

しかし、大型トラックの全てが同じサイズで統一されているわけではなく、車種によって異なります。ダンプトラックの最大積載量ですが、6.5トン以上が大型の目安になります。

10tダンプを高く売るには、重機・トラック買取業者への買取依頼をおすすめします。

買取価格が気になるようであれば、無料査定を利用して確認してみると良いでしょう。

大型ダンプの買取の流れ

大型ダンプを売りたいけどどこに依頼すれば良いのか分からない、という方にダンプの買取方法を紹介します。

大型ダンプは「深ダンプ」、「クレーンタイプ」、「ローダータイプ」、「ロングダンプ」など、その利用用途によって異なります。

大型ダンプ買取を希望している方も多いと思いますが、車両が故障して動かない時は、一般の買取業者では買取を断わられることもあります。

そのため重機専門の買取業者に依頼しましょう。このような買取業者の中には無料査定に応じているところもありますので、一度利用してみると良いでしょう。

大型ダンプとは最大積載量が10トン前後の車両のこと

大型ダンプとは、最大積載量が10トン前後の車両のことを言います。

一般的に10トン前後がひとつの目安になりますが、最大積載量が9~11トンの場合であっても、大型ダンプと呼ばれることがあるのです。

またトラックドライバーなどが活躍している物流業界でも、最大積載量10トン前後のものを大型ダンプと呼ぶことも定着しているようです。

ダンプの場合は、その全ての車両の寸法が統一されておらす、積載量もそれぞれの車で異なります。

主なダンプカーのメーカー・車種ラインナップ

メーカー 車種
いすゞ ギガ(10tダンプ)
日野 プロフィア(10tダンプ)
三菱ふそう スーパーグレート(10tダンプ)
日産ディーゼル ビッグサム(10tダンプ)
UDトラックス クオン(10tダンプ)

大型ダンプは買取業者によって買取額が変わる

当然ですが、買取市場の需要が多く供給が少ないと、買取価格は上昇し、需要が少なくて供給が多くなると買取価格は下がることになります。

大型ダンプはどうなるかと言えば、国内はもちろん海外でも多くの需要がありますので、買取でも高値を期待できます。

車両を買い取ってくれる業者にもよりますが、国内だけでなく海外にも販路を確保している業者であれば、高値になる可能性があります。大型ダンプを売る際は、その点もチェックしておきましょう。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。