ユンボ・バックホーの買取を最高値で!【売却時に必見のお得な査定のポイント】
さえこさえこ

ユンボ・バックホーをなるべく高値で売りたい場合、1社だけの見積もりでは甘いかもしれません。複数社の相見積もりを取って高い業者に買い取ってもらいましょう!

オススメとしては、以下のトラック一括査定王を使って無料で複数社の一括査定を取るのがオススメです!これだけで、お店に直接持っていくよりも数万円~数十万円程高値で買ってもらえる場合があります。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

バックホーのメーカーは様々ある

バックホーは、様々なメーカーから提供されています。そのひとつがコマツ建機であり、コマツのバックホーは解体作業などの現場で活躍しています。

コマツは泥落ち機能に定評があり、作業がスムーズにできると評判です。また日立建機のバックホーも人気があります。

こちらは利便性に定評があり、神綱方式や日立方式、JIS方式など、すぐに切り替え可能なレバーが様々な現場でも重宝されています。他にはヤンマーのバックホーも好調です。

バックホー(ミニユンボ)とは工事現場で活躍する建機重機

バックホー(ミニユンボ)とは、様々な工事現場で活躍してくれる建機重機のことです。オペレーター側に、バケット(ショベル)が取り付けられているのが特徴と言えます。

バックホーのオペレーターは、バケットを動かす時に内側に引き寄せるために操作を行います。この動作によって、地面よりも低い場面などでの掘削作業も可能になります。またバケット部分は色々なアタッチメントに変更することもでき、掘削以外の作業も可能です。

工場や工事現場などで良く見かけるのがバックホーですが、この車両は「バックホウ」と呼ばれることもあり、油圧ショベルと呼ばれる建設機械の中で、ショベルをオペレーター側に設置したタイプをいいます。

バックホーというのは、英語の「バック」と、農作業に使う鍬「ホウ」が合わさったものです。オペレーター側に設置したショベルを使い、運転手は自分に抱え込む方角に操作します。

地表面と比べて、低い場所の掘削に適した車両といえます。ショベルを持った建設機械としては、その他にもユンボ、パワーショベル、油圧ショベル、ドラグショベルなど様々な重機があります。

バックホーは標準機以外にも様々な種類が活躍している

工事現場などでは様々な種類の重機が稼働しており、その中のひとつにバックホーもよく見ることがあるでしょう。

バックホーには様々な種類があり、それぞれの用途によって活躍が異なります。そのひとつに後方小旋回タイプがあり、こちらはフィールドを選ばない後方小旋回機に特徴があります。

超小旋回タイプは、狭い現場でも機敏に稼働するのが特徴です。こちらは超小旋回機として重宝されており、標準機は多種多様な作業をサポートしてくれると評判です。

日頃のメンテナンスで買取価格アップ

故障したり動かなくなったりしたバックホーを買取業者に売る場合、工夫次第で買取価格を上げることができます。

車両をしっかりメンテナンスをしておけば、高く買取ってもらえる可能性があります。買取業者の中には車両を買取った後、修理をして再び販売するところも多いのです。

日頃のメンテナンスをしっかりしておけば、たとえ故障して動かなくなったバックホーの再利用も可能です。バックホーのエンジン部分をしっかりメンテナンスすることで、買取価格を上げることができます。

エンジン部分のメンテナンスでは、エンジンオイル、ラジエーター液、エアクリーナーなどをしっかり点検します。また、ファンベルトの状態もしっかり確認してください。

ファンベルトの張り具合を調整して、ラジエターコアなども綺麗にしておくと良いでしょう。エンジントラブルで多いのが、エンジンのかかりの問題です。

エンジンがかかりくい場合は、燃料ホースを確認します。燃料ホースに空気が入っていることもあります。燃料ホースに空気が入っているとエンジンのかかりが悪くなりますので、その場合はパッキン交感を行うと良いでしょう。

オイルポンプは、エンジン側面と後部にあります。このオイルポンプは、バックホーの走行、旋回、アームや排土板といった、様々な油圧装置と直結しています。

オイルポンプが不足すると、これらの部分を傷つけてしまう恐れがありますので、しっかり点検してください。

バックホーはアーム部分も大切です。そしてアームの中でも、バケットのある先端部分が重要です。メンテナンスによって、車両の買取価格が上がる可能性もあります。

また買取価格が気になる方は、無料査定を利用して調べてみると良いでしょう。

ミニバックホーの買取について

ミニバックホーは基本的な機能はバックホーと変わりはありませんが、小型に作られていることから狭い住宅地の配管工事などにも用いられることがあり、比較的目にする機会も多い重機です。

バックホーは油圧ショベルの一種であり、工事現場の中でも中心的な役割を担っています。またバックホーの他にミニバックホーがありますが、このミニバックホーも様々なところで活躍しています。

バケットがアームの先端に付いていて、土や石などを掘り起こして除去するバックホーは多くの現場で導入されており、業界での必需品とも言える存在です。

バックホーには大きな重機が入ることのできない狭い現場でも活動できる、ミニバックホーと呼ばれる車両があり、災害の復旧などでも大活躍をしています。

ユンボ買取はオンラインがおすすめ

ユンボの買取を考えている方であれば、オンラインで複数社に査定依頼することによって、高額査定を勝ち取るチャンスがあります。

ユンボを高額で買取してくれる理由としては、買取後に整備(調整・再塗装)などをして、新しく再販売、単純に国内でのニーズに合わせての売却、日本では古くても海外での日本製品の安心感、人気は想像以上のものがあり、海外市場で販売出来るルートを確立している専門店では、国内の需要より海外に積極的に輸出している業者も多いのです。

古くて故障などしている場合でも、その状態によっては、査定で価格がつくものもありますので、簡単にあきらめる必要はありません。

ネットで買取査定の申し込み手続きをして、出張査定により査定スタッフが実際に機械本体を現地確認して、査定金額の回答があり、納得出来る金額であれば、そこで契約成立出来ますし、納得が行かなければ再交渉、他社との交渉などと選択肢もあるので、まずは試してみるのが良いかと思います。

契約が成立した場合には、基本的にユンボを引き取りする当日に、現金を受け取ることが可能なので、会社の資金繰りなどにも貢献出来る可能性も高いと考えられます。

ユンボの種類は後方小旋回タイプと超小旋回タイプ

ユンボは大きく、「後方小旋回タイプ」と「超小旋回タイプ」の種類に分類できます。後方小旋回タイプは、アームが運転席の前方より出ているもので、前方から伸びていることでアームのリーチ長い分、広い現場などで作業しやすいです。

一方の超小旋回タイプは、運転席の右側からアームが出ているものになり、オフセット掘削ができるのが特徴です。超小旋回タイプはバケットを運転席から左右に動かせることもあって、溝掘りなどの作業にも向いています。

ユンボの買取高額査定のポイント

ユンボの買取を依頼する場合、実際のユンボの買取はユンボのプロが査定を行います。この時に重要視される点は、車両の稼働時間です。

一般的な乗用車であれば走行距離が大切になりますが、ユンボの場合は稼働時間が重用な要素になります。ユンボの稼働時間と傷みはある程度比例しますので、その分洗車やメンテナンスでカバーすると良いでしょう。

ユンボはオンラインでの無料査定から

ユンボは油圧シャベルをそなえた車両になり、他にもパワーショベルやバックホーなど様々な呼ばれ方をしています。買取件数も特殊車両の中では比較的多い車両と言えるでしょう。

非常に活躍する場面が多い車両ですので、需要によっては買取価格が変動しますが、基本的には買い手が多いため苦労することはありません。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。

ユンボはニッケンの登録商標

クレーンを搭載した重機は色々とありますが、油圧ショベルやバックホーなどと呼ばれることもあります。日本では、レンタルニッケン株式会社の登録商標で有名です。レンタルニッケンの名前は、ご存じの方も多いと思います。

ユンボは1950年代から使用され始めましたが、油圧ショベルは1990年代に日本建設機械工業会によって定められました。この車両は工事現場での掘削作業以外にも、様々なことに利用されています。

ユンボの買取は機種やグレード、現在の状態などによっても多少の変動があり、幅広い価格帯で表示されることがほとんどです。その相場よりも、かなり低い買取価格を提示する場合もあるようです。

例えばコベルコの場合は、新車で100万円以上で販売されているものもあることから、買取では半額近くになり、大型のユンボになると600万円前後になることもあります。

クボタユンボの買取業者の選定

クボタユンボとは、1972年にミニバックホーの量産を開始したクボタ建機のユンボになります。

クボタのユンボは有名ですし、重機自体の買い取り額が高額になっています。買取業者では、即日現金化の買取が可能になっているところもありますし、査定や契約をしたら翌日引き取りが可能になっている業者もあります。

さらに、事故車といって故障をしているものでも買取をしてくれる業者があります。重機買取を希望する法人では新しく購入したものがあり、これまでのクボタのユンボが不要になったので、できるだけ高く買取をしてほしいといったことや、倉庫などに眠っている重機があればそれを買取してほしいなどの理由があります。

クボタユンボは3つの種類に分類できる

クボタユンボには様々な種類があり、「後方小旋回機・標準機」、「超小旋回機」、「超ミニバックホー」に分類できます。中でも後方小旋回機・標準機は、代表的な機器として「U-17」があり、機械質量は1620kg、容量 (m3)と深さ (mm)はそれぞれ、0.04と2,310になっています。

超小旋回機の代表的な機器はRX-153Sで、それぞれ1,580kg、0.036 m3、深さ1,935mm、超ミニバックホーの代表的な機器K-005-3で、それぞれ500kg、0.011 m3、1,305mmとなっています。

クボタのユンボであれば、年式がかなり古いものでも故障しているものでも買取をしてくれる場合もあります。不要な重機はそのまま放置したり処分しないで、買取業者を利用してみることがおすすめです。

ヤンマーユンボの種類は様々

ヤンマーのユンボの買取は、「ヤンマー」という名前の知名度が高いので買取価格も高くなっています。

ヤンマーユンボの種類としては、超小旋回機や後方小旋回があります。中でも後方小旋回タイプは、あらゆる現場での作業が可能になり、狭い現場でも駆け回れると評判です。

ミニタイプでも、標準機に匹敵するような作業能力やバランス性能に優れていますので、現場で重宝することは間違いありません。同じように超小旋回機タイプも人気があり、こちらは旋回力の高さに定評を持っているのです。細部の瓦礫なども余裕を持ってすくえるなど、様々な現場での活躍を期待できます。

ヤンマーユンボ買取サービスを利用する場合、古い年式、過稼動、故障・破損、破棄寸前など、どのような車両でも査定で値段が付く可能性は高いです。手元にそのような重機がある方は、ぜひ一度無料の一括査定を利用してみてください。

コマツユンボの種類は3つに分類できる

コマツユンボにはいくつか種類があり、以下に分類できます。

  • マイクロショベル
  • 後方超小旋回型
  • 超小旋回型

中でもマイクロショベルは、PC01-1や PC05-1、PC09-1などの機器が代表的です。後方超小旋回型は、PC10MR-2、PC18MR-3、PC30MR-5があり、超小旋回型は、PC10UU-5やPC30UU-6などの機器があります。

これら全ての車両は、あらゆる建設現場などで活躍しているのです。コマツユンボは旋回力の高さに優れており、それがユーザーから支持される理由でもあります。

コマツ 油圧ショベルの一覧

標準型

  • PC120-11
  • PC130-11
  • PC170LC-10
  • PC200(LC)-11
  • PC210(LC)-11
  • HB205(LC)-3
  • HB215(LC)-3
  • PC220(LC)-11
  • PC230(LC)-11
  • PC300(LC)-11
  • PC350(LC)-11
  • HB335(LC)-3
  • HB365(LC)-3
  • PC400(LC)-11
  • PC450(LC)-11
  • PC490(LC)-11
  • PC600-11
  • PC650-11
  • PC700LC-11
  • PC1250-8
  • PC2000-8

後方超小旋回型

  • PC78US-10
  • PC128US-11
  • PC138US-11
  • PC228US(LC)-11

超小旋回型

  • PC78UU-10
  • PC138UU-11

ICT

  • PC78USI-10
  • PC200(LC)I-11
  • PC300(LC)I-11

タイヤユンボは重機専門の買取業者に依頼しましょう

タイヤユンボとは、ユンボの中でもクローラーではなくタイヤによって走行する車両となっています。クローラー型のものより多少不整地での作業を苦手としていますが、公道などの走行には適しています。

タイヤユンボは、タイヤをユンボのクローラー部分に装備した建設機械になり、一般的には油圧ショベルと呼ばれています。

一般的なユンボのようにタイヤがついていないので自走はできませんが、タイヤユンボは走行できるのがメリットであり、その点が買取でも評価されることがあります。

工事現場で活躍している重機の中に、タイヤユンボがあります。タイヤユンボはディーゼルエンジンで作動し、採掘、破砕、掘削、打設など、様々な作業を行ってくれます。

またクレーン機能を保有している車両であれば、吊り上げ作業も可能です。ただタイヤユンボは自走が可能な分、クローラー式のものと比較して安定性にやや劣るものがあるのも事実です。

小型ユンボ(ミニユンボ)を高値で売る手順

小型ユンボとは、別名ミニユンボやマイクロユンボ、ミニショベルカーとも呼ばれているユンボになります。建設現場や工事現場などで活躍する重機も様々ですが、その中の1つに小型ユンボがあります。小型ユンボは一般的なユンボと比べてコンパクトですので、小回りが利きます。

そのため、一般的なユンボでは対処できない部分の工事を行うこともできます。この小型ユンボの高額売却方法について紹介します。小型ユンボ買取を利用すれば、買取料金を期待できますので、新車の購入費に充てることができます。

小型ユンボ買取業であれば旧式の重機や車検切れ、また廃車寸前や過走行の車両でも高値で買取ってもらえる可能性があります。重機専門の買取業者であれば、どのような状態の小型ユンボでも対応してくれますので、一度相談してみると良いでしょう。

解体業者での解体を考えていた人は、思わぬ臨時収入が入ってくるかもしれません。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。