高所作業車の買取で相場以上の査定額にする方法!【売却時に必見】
さえこさえこ

高所作業車は元の価格が非常に高い分、売却する際の査定の段階でも価格に大きな違いが出やすいです。買取してもらうのが初めての方は、直接査定をしてもらうよりもインターネットの方が良いです。

高所作業車の売却で最初にすべきことは、無料の一括査定で、現状の値段を確認すること。良心的な価格で買い取ってくれる業者を選別する事です。

買取をしてもらえる状態ではないと思っている方や、買取をしてもらうまでの手続きに不安のある方も、まずはトラック一括査定王で無料査定をしましょう。

高所作業車の無料査定

高所作業車は電話線や電線などの保守工事、その他にも街燈信号、道路標識の設置、修理など様々なところで活躍しています。この高所作業車を運転するには、国家資格である高所作業者運転技能講習等を受講し、資格を取得する必要があります。

高所作業車を処分する場合、不要になった高所作業は必要としている工事業者に売却するのが最も早い方法といえます。しかし、高所作業車を必要としている会社がどこにいるのか、一般の人たちが把握するのはとても困難です。

そこでおすすめしたいのが、高所作業車買取サービスです。

高所作業車買取サービスを利用すれば、車両を必要としている人たちに高い価格で車を売却できます。

しかも、依頼者はただ無料査定を行うだけで良いので、時間や手間を省けます。

高所作業車のような、重機を専門に買取ってくれる業者はたくさんありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

高所作業車(スーパーデッキ)の買取

高所作業車のひとつ「スーパーデッキ」は、リフト車と呼ばれるものの中でも、有名メーカーが発売している人気の高い車両です。

そのため現在も様々な現場で活用されています。スーパーデッキの買取については、査定を受ける時期や走行距離数などによって査定額が変動しますが、高所作業車は高値で取引されることが多い車両として知られています。

性能の良さから国内だけでなく海外からの需要も高く、中古車であってもしっかりとメンテナンスされてさえいれば、やはり高額で売却することができるでしょう。

スーパーデッキとは

電柱や屋根の上などでの作業の多い電気工事業者や、ビル工事などで高所作業がメインとなる業者の方々は、高所作業車を所持していると思います。

各メーカーで様々なタイプの高所作業車がラインナップされていますが、タダノのスーパーデッキシリーズは性能の高さから多くの業者で使用される人気のシリーズです。

中古重機買取の会社での評判も上々で、スーパーデッキ売却検討の際は複数の会社に一括見積もりすることで値段の高いところへ売却することが可能になります。

高所作業車の買取相場はどれくらいか

街中で良く見かける高所作業車ですが、見かける人は多いと思います。この車両はハイライダーと呼ばれることもあり、人の手が届かない高いところでの作業をする時に利用されます。

この車両は、高い場所で作業を行うために作られた特殊車両です。電線工事を始め電気工事など様々なところで活躍していますが、買取に出す場合の注意点などはあるのでしょうか?

買取業者によって値段が違うので相場観を見るためにも高所作業車を買取に出す前に一度無料査定してみる事がおすすめです。

高所作業車は特殊車両です

電線工事などでプラスチック製のカゴに中に作業員が入り、作業している光景を見かけたことはありませんか?このような高い場所の作業をする時に利用されるのが、高所作業車です。

この特殊車両を運転するには、特別な資格が必要です。車両にはトラックタイプのものがありますが、このタイプは作業装置を装着したまま公道を走れます。

しかしスピードを出しすぎると車体重量が重いこともあり、ブレーキの制動距離が長くなりますので注意が必要です。

高所作業車は、電気工事などの高い場所の工事や作業をする際に使用する専門的な車種になりますので、中古車であっても高値で取引されることが多い傾向にあります。

車両自体は消耗品ということもあり、売るときにはあまり状態が良くないということもあるかもしれません。しかし高所作業車の場合はパーツが欠損していても、高く評価される車両でもあります。

査定の前にある程度のメンテナンスを行うことで評価自体が上がりますので、できることなら日頃からきちんと車両の状態をチェックしておきましょう。

高所作業車の各種メーカー・車種について

高所作業車を提供しているメーカーはいくつか存在しますので、例を紹介します。

株式会社タダノ

  • トラックマウント式
  • ホイール式
  • クローラ式

株式会社エスマック

  • トラックマウント式
  • ホイール式
  • クローラ式

長野工業株式会社

  • クローラ式
  • NULシリーズ

株式会社デンヨー

  • ホイール式
  • クローラ式
  • HWシリーズ

他にも日立建機株式会社、株式会社前田製作所、極東開発工業株式会社、新明和工業株式会社などのメーカーが有名です。

高所作業車にはいくつか種類が存在する

高所作業車とは、送配電設備や電線防護管設置といった電設工事、橋桁やトンネルなどの点検業務、仮設足場設が難しい塗装工事や工場などの構内作業を行う際に足場設置が困難な場所など、様々なシーンで活躍してくれる車両のことです。

高所作業が必要となる場面では、なくてはならない車両と言えます。またトラック搭載式にはクレーンのようなものが装備されており、昇降や伸縮、旋回が可能です。

さらに水平移動を実現した「屈折ブーム式」もあります。高所作業車はいくつかの種類があり、構造によるものと走行方式による分類方法があります。中でも構造による分類は、「ブーム式」と「垂直昇降式」です。

ブーム式は、ブームの先端に作業床であるバスケットを設置しており、バスケットに乗って作業することになります。一方の垂直昇降式は垂直にプラットホームが昇降するもので、主として2~10m程度の自走式でよく使用されており、一部の消防本部などにある「レスキュータワー車」などが該当します。

スカイマスターの買取業者について

高いところで作業する時に利用されている高所作業車、スカイマスターもその一種です。スカイマスターは限定中型自動車運転免許で捜査可能な、30m高所作業車をいいます。

数ある高所作業車の中でも「スカイマスター」は有名メーカーの車両になり、性能も良く愛用されている専門業者もたくさんあるものと思われます。

スカイマスター買取業者から高い価格で車両を買取ってもらうには、依頼者も事前に準備しておくことがあります。

それは車両のチェック、メンテナンスなどです。スカイマスター買取業者に査定を依頼する前に、メーカー、車種名、車検の有無、走行距離、使用年数などをしっかり把握しておいてください。

また付属品についても気をつけましょう。もし不要になったスカイマスターの取扱説明書などがあれば、査定時間に一緒に提出します。

またメンテナンスについては、リレー接点の不良、キーのかかり具合、バッテリー劣化、上昇時のブザー音など、事前にきちんと点検しておくと良いでしょう。

高所作業が可能なスカイマスターや、不要な車両を売却するにはスカイマスター買取業者に依頼しましょう。またその場合、車両のチェックメンテナンスなどを忘れないようにしてください。

スカイマスターを買取査定にだすなら

高所作業車を利用して作業を行っている工事会社の中には、アイチコーポレーションのスカイマスター・スカイボーイを必要としているところも多いのです。

仮に中古であっても工事会社の中には欲しいところも多いです。重機専門の買取業者は、買取った車両を必要としている人に渡す橋渡し役を担ってくれます。

スカイマスターを売却する時は、専門の買取業者の利用をおすすめします。そして重機専門の買取業者を見つける時は、無料査定を利用すると良いでしょう。

高所作業を売却予定の場合は、以下より買取業者で無料査定してみてください。

「トラック一括査定王」の査定は無料なので、まずは買取価格を確認してみることをおすすめします。